【変身ビューティインタビュー】ソウルアーティスト ひととき あやの

こんにちは、代表理事の図師 修です

今日は、わたしのライフワークのひとつである
失敗や挫折からでも、変身することが出来る!

という秘密を聞き出す変身ビューティインタビューの最新版をお伝えします

 全国を旅して650人以上の絵を描いて、北海道、鹿児島、福岡と個展を開きながら創作活動

ゲストの年齢や性別、職業にとらわれることなく
カベをぶち破るヒントを感じ取ってください

あなたが、もし、

わたしとは、ジャンルが違うからとか
まだ、若いからとか
女性だからとか

そんなものにとらわれていたら、前に進むのは難しいかもしれません

あなたが、どんなことにも目をキラキラ輝かせていた子どもの頃に戻って読んでみてください

きっと、何かを感じ取れると思います

 

ソウルアートって聞いたことありますか?

目の前にいる人、または、会ったことのある人の魂を感じ、それをイメージとして絵にするアートのことです

 

今回の日本変身ビューティ協会の変身ビューティインタビューは

若干21才のソウルアーティスト ひととき あやのさんに会いに行ってきました

柏原彩乃のFacebookページ

 

あやのさんは、幼さの残るかわいらしい童顔

 

でも、

「 子どものままで、幸せになる覚悟を決めた変身ビューティ 」そんな印象でした。

あやのさんは、瞑想やエネルギーワークの体験から目に見えない存在やパワーの存在を知りました

瞑想の感覚でiPadで絵を描きはじめたそうです

全国を旅しながら絵を描くソウルアーティストのあやのさん

 

なんで、わたしが今回、あやのさんに会いに行ってきたかというと

 

あやのさんは1年間に500人の絵を描けたら個展を開くと決意し、
1年間旅をしながら絵を描き続けました

そして、見事、達成して、すでに650人以上の絵を描いて、北海道、鹿児島、福岡と個展を開きながら創作活動を続けています。

 

 

現役の治療家でもある、わたしのところに治療に来られる女性の悩みで多いのが

・行動することが出来ない

・やりたいことが見つからない
・どうせ、わたしなんてと思っている

そのヒントになるのではと思ったからです

 

 

あやのさんが、どうやって成功のストーリーを歩き始めたのか?
どうして、行動出来たのか?

どうしたら、変身することが出来るのか?

秘密を知りたいと思ったからです。

 

あなたなら、

500人以上の見ず知らずの人に
絵を描かせてくださいとお願いすることができますか?

 

そして、「わたしは、500人描いたら個展を開く!」と宣言して、

南の果てや北の果てまで出かけていって
あなたの伝えたいことメッセージを、何らかの形で表現することが出来ますか?

 

しかも、今、彼女に絵を描いてもらうと1枚 〇万円以上でも、全国から描いてもらいに来るのです

最初は、ただで描いていた絵は、わずか1年で何千倍の価値になったのです

 

彼女が、全くの人脈もコネもない状態から
どうやって、1年も旅しながら、0から1を生み出せるようになったのか?

彼女には、特別の力や才能があったのか?
何が、彼女を変えたのか?
どうやったら、そんな結果がだせるのか?

 

彼女の秘密をできるだけ聞き出したいと思います

 

わたしも、とてもワクワクします

あなたの目には、あやのさんから、何を感じて、何を学びますか?

 

 

インタビュースタートです

 

図師 :

小さい頃はどんな子どもでしたか?

 

あやのさん :

泥んこあそびや木登り、
絵を描くことも好きでした

一人で黙々と出来ることが好きでした

図師 :

まわりの人は、自分のことをどんな風に思っていると感じていましたか?

 

あやのさん :

天然とか、変わり者と思われていたと思います、(笑)

 

図師 :

今のように成功する前はどんな自分でしたか?
何がきっかけになって、どうやって成功したのか?教えてください

 

あやのさん :

小中高学校とずっと流れに身を任せて、
先生に言われた課題をするだけとか、みんながこれをするからわたしもするみたいな

自分の意思じゃなくて、まわりから言われて、なにかをする自分でした

それが、親鸞聖人とかの伝記本を読むようになって、
人間として生まれてきた苦しみから、どうやって解放されるのか?探求する心にひかれました

自分もなぜ生まれてきたのか?とか考えるようになりました

そしたら、大人たちの意見に疑問を持つようになって、反発精神が出てくるようになってきました

図師 :

大人に疑問を持つようになったのは、いつぐらいが一番強かったですか?

 

あやのさん :

高校2,3年生の頃でした

 

図師 :

いま、いくつなんですか?

 

あやのさん :

いま、21才です

図師 :

そこから変わろうとする、きっかけは、なんだったんですか?

 

あやのさん :

きっかけ~、う~ん

 

図師 :

一番最初にしたことは何でしたか?

 

あやのさん :

ずっと音楽をやっていて、リコーダーを習っていたんですが、
本当にイヤになって、高校3年のとき、コンクールをすっ飛ばして家出したんです

図師 :

その時の自分は、キライでしたか?

 

あやのさん :

それも分からなくて、ただ、名前のつけられないモヤモヤが苦しかったです

 

図師 :

絵をはじめたのは、いつからでしたか?

 

あやのさん :

高校を卒業してからでした
大学受験で失敗したんです

でも、大学行っているイメージがわかなくて、行く意味もわからなかったし、

そんな時に、音楽をあきらめて、逃げて、

何をしていいか分からなかったが、表現することは好きなので

絵を描いて、自分を見つめる作業が始まったんです

図師 :

普通は、あやのさんのように、個展を開いたり、夢を実現したり、なかなか出来ないと思っている人が多いと思うんですが、どうやって、それが叶ったと思いますか?

 

あやのさん :

自分では出来ないな~と言うのがスゴイあって、本当に、周りの人たちに助けられて出来てきたので、
わたしの力ではないな~と、ずっと思ってます

 

図師 :

一人ひとり、最初は、お願いして、描かせてもらっていたんですか?

 

あやのさん :

そうです

 

 

 

図師 :

それは、自分で、ヨーシやるぞ!とはじめたんですか?
誰かが背中を押してくれたとかありますか?

 

あやのさん :

どっちもです、やりたい!と言う思いと、、、でも、、、やっぱり、自分がやりたい!という思いが強かったですね

 

図師 :

音楽や大学をやめて、絵をはじめたのは、ジワジワときましたか?直感できましたか?

 

あやのさん :

思いは、やろうと思って、動き出してるんですが、、、、現実の行動としては徐々に徐々にでした

図師 :

絵をはじめたときに、まず、どんな行動を取ったですか?

 

あやのさん :

最初は、自分の描いた絵を、誰かに見てもらいたい!という思いから、
Facebookに投稿しました

 

図師 :

あやのさんを助けてくれた、インフルエンサーの人とは、どうやって、知り合ったんですか?

 

あやのさん :

わたしの知り合いの方が、異業種の交流のコミュニティーをされていて、それで知り合いました

図師 :

自分では、自分のことを、積極的な人間とか?どうな風に思ってますか

 

あやのさん :

やろうと思ったことは、積極的に出来る人だと思ってます

 

図師 :

移動や場所を決めたりとかは、自分でするんですか?

 

あやのさん :

自分ですることもありますが、だいたいは人の紹介です

図師 :

どうやったら、そんな、素晴らしい縁があると思いますか?

 

あやのさん :

わたしはけっこう直感で、この人は大丈夫だな!とか
この人は、危ないな~とか、直感で選んで決めます

 

最近思うのが、結局は自分自身なので
自分自身がどう受け取るかが
一番大事だなぁと思います

 

 

今回は、時間ギレで、ここまでした

 

後日、聞き忘れていた大事なことをメールにて質問しました

夢ややりたいことは何ですか?

そしたら、

日本を拠点に
リトリート感覚で海外に行って
その土地や建物や神様のエネルギー
人を描くことです。

それが
のちのち
全ては一つだっていう
平和のメッセージがこもった
大きな作品になればいいなと思っています。

 

好きな言葉は、

相田みつをさんの

「夢はでっかく 根は深く」です

 

若干21才で、全国にファンをつくり
応援してくれる仲間を集める!

あなたの目には、ひととき あやのは
どう写りましたか?

 

あなたが、若かろうが、
アラフォーだろうが、
男だろうが、
女だろうが、

関係ありません

 

行動を起こすヒントになったら、うれしいです

 

感想があったら送ってくださいね

https://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/7284

 

ひととき あやのさんに

わたしも描いてもらいました

 

 

「 静と動

その人が、今1番やりたい事を思い起こさせてくれる存在

そんなイメージとなりました。

感謝を込めて ひととき あやの 」

こんなメッセージもいただきました

 

あやのさん
本当にありがとうございました。

 

今回のゲストは、

ソウルアーティスト ひととき あやの

柏原彩乃のFacebookページ